TAの集い:レポート

30年度
掲載日2018.6.4

集い「関東衣料管理士の集い」勉強会

日 時
平成30年5月9日(水) 18:30~20:30
場 所
南部労政会館 第5会議室
テーマ
アパレルの品質管理
講 師
株式会社バロックジャパンリミテッド 生産本部 品質管理部 部長 浜崎 正雄氏

〔概 要〕
 今回は多岐に渡るブランド・商品を展開されている㈱バロックジャパンリミテッドでの品質管理について講演していただきました。
 2011年以降、品質管理をより厳格にするためのマニュアル化を行い、納期、コストを優先しがちなアパレル業界の中で品質管理の目的を明確にし、年間15,000品番程の全ての商品を品質管理部の5名で徹底した安全・品質管理に取り組まれています。
 事前試験率は100%、徹底した安全・品質管理を行う為に仕入先登録制度を設ける事で、納入前の全量検品での初回不良率及び店舗不良率の年間目標を達成されているそうです。
 針管理についても、社内での針の使用は技術課(パタンナー)のみ使用許可し、シルクピンであってもその日に使用した数量と戻した数量を一致させており、店頭での裾上げ等にはクリップを使用し、店頭に一切の針を持ち込まない、また、納入前検針は2回行うという管理方法を採用されています。
 私達消費者が安心して購入できる商品を世の中に出す為の並々ならぬ企業努力と徹底した品質管理をされていることに敬服いたしました。参加者の方々からも多くの質問があがり、ひとつひとつ丁寧に回答いただき、とても有意義な勉強会になりました。

掲載日2018.6.4

集い「関西衣料管理士の集い」勉強会

日 時
2018年4月24日火曜日 18:30~20:00
会 場
関西大学 梅田キャンパス 7F
テーマ
上手な洗濯で快適生活
講 師
ライオン株式会社
快適生活研究所 副主席研究員 お洗濯マイスター 山縣 義文 様

〔概 要〕
 今回はメディアにも登場されているお洗濯マイスター山縣さんに、実験を交えてご講義いただきました。
 洗剤成分についての実験では浸透・乳化・分散・再付着防止作用についてとてもわかりやすく教えていただきました。
 一昨年に洗濯については取扱表示が変わり、消費者の混乱が起きるのではないかというアパレル業界の懸念がありました。
 それについて企業アンケートをとっておられ、結果の一部を聞き、唖然としました。取扱表示を理解しているのは消費者の1割にも満たないということです。 それにもかかわらず大きな混乱や事故の発生につながっていない現状を思うと、複雑な気分です。
 また洗濯の目的である汚れをしっかり落とすコツについて、目からうろこの実験を見せていただきました。諦めていた経年の黄ばみや油性ペンのインク汚れ、襟袖の皮脂よごれなどコツをつかんで翌シーズンの着用まで箪笥に仕舞い込む前に綺麗にお洗濯しておきたいものです。